レーシックはどのような手順で行われるのか

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。



レーシックはどのような手順で行われるのかブログ:13 9 21

グッドイブニング^^

セルライトによる下半身太りは、
一般的な減量とは別物であるということを、
覚えておいた方が賢明みたいですよ。

下半身減量のように
部分的に痩せる減量は、
食べる事をコントロールしただけでは、痩せられないんです。

では、そのセルライトの解消を行うためには、
どのような方法があるのかというと…

一番効果があるといわれているのは、
マッサージによってセルライトを撃退する方法です。

その中でも、
リンパマッサージはセルライトの撃退に有効だと言われています。

というもの、
リンパ液は、体の余分な水分や老廃物や毒素を運ぶ役割りをしています。
リンパの流れが悪くなると、
体の中に蓄積されやすくなるからです。

老廃物を運ぶリンパの流れをよくするため、
リンパ節をほぐし、リンパの流れに沿って行う、
リンパマッサージを下半身減量と結びつけて行いましょう。

また、セルライトが出来ている部分というのは、
脂肪がベッタリと張り付いている状態なので、非常に冷たくなっています。

ですから、まずは体を温めて
脂肪が取れやすいようにしてから、セルライトマッサージするのが
下半身減量としての
セルライト除去には効率的な方法なんです。

お風呂の中で、
市販のセルライト除去を助ける道具を使って
マッサージすると減量効果が上がりますよ。

しかし、
尻や太ももの裏側などに
出来てしまったセルライトや余分な脂肪の除去は、
自分ではなかなか完璧にはできません。

下半身減量で、セルライト除去が必要だと感じたら、
エステなどの専門店のマッサージを利用してみることも、
視野の中に入れておくと良いと思います。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)