まだ新しい技術となっているレーシック

日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。

Amazon Web Services, Inc.
https://cloudpack.jp/term/



まだ新しい技術となっているレーシックブログ:25 2 21

当たり前のことですが、
シェイプアップをするには…
「消費エネルギー>摂取エネルギー」
という公式を守らなければいけません。

シェイプアップの必要がある人は、
上の公式が成り立っていないんですよね…

ですから、
自分の連日の生活習慣について、
見直してみる必要があるんです。

まず、摂取エネルギーを減らすということは、
食事の量を減らすということになるわけですが…

みなさんが今食べている食事、
本当にすべて必要な食事なのでしょうか?

よ〜く思い起こしてみてください。

午後食と夕方食の間におやつなどと言って
おやつを食べてはいませんか?

友人との付き合いだからといって、
飲み会に行ったりしてませんか?

果たして、
おやつは生きていく上で
必要なエネルギーですか?

お酒もしかりです。
おそらく余計なカロリーでしょう。

余計なカロリーがたまってしまうから、
シェイプアップが必要な状態になってしまうわけですよね。

逆にいうと、その余計なカロリーを
摂取することをやめてしまえば、
摂取エネルギーを減少させることに成功します。

シェイプアップへの道筋がついたということもできますね?

次に、消費エネルギーを増やすには体操です。
しかし無理な体操は禁物ですよ。

筋トレでいいんです。
少し歩く距離を増やすだけでもかまいません。
体操をする時間を
少しでも増やす努力をしてみましょう。

このようなちょっとした努力によって、
確実に消費エネルギーを増やすことはできます。

消費エネルギーが摂取エネルギーを超えると、
体に溜まった脂肪をエネルギーに回します。
そして、結果的にシェイプアップの成功につながるんです!

シェイプアップだからと
難しく考えないで、シンプルに考えましょう!