まだ新しい技術となっているレーシック

まだ新しい技術となっているレーシック


まだ新しい技術となっているレーシック
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。




まだ新しい技術となっているレーシックブログ:12 9 21

ダイエットのご飯方法では
「質」が重要なポイントとなります。

ご飯の質とはそのカロリーの中身です。
いくら摂取カロリーを抑えていたとしても
脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
ダイエットの妨げになるばかりです。

正しい栄養バランスで
ご飯を食べることがとても大切なのです。

では
どのようなご飯がダイエットに最適なのかというと、
ポイントは3大栄養素のバランスです。

これは栄養学の基本であり、
これを正しく理解しておかないと
ダイエットの成功はありえないと言っても
過言ではないくらい重要です。

では、3大栄養素の中で
最も人間のからだに必要な栄養素は炭水化物です。

炭水化物は人間のエネルギー源であり、
炭水化物が不足すれば人間の活動レベルも低下しますし、
ダイエットに関しても逆効果を招くのです。
そのくらい重要ってことですね。

さて、
そこで問題となるのがダイエットを行う場合、
皆様真っ先に炭水化物を減らそうとするのですが、
これが大きな間違いなんですよね。

「PFCバランス」と言う栄養比率があります。
PFCバランスは
ご飯の理想的な3大栄養素の比率を割合で示したもので、
その割合を目安にする事で健康的であり、
太りにくい食生活となる比率のことです。

現代人の食生活は欧米化による脂質の高い食生活になっており、
栄養バランスが崩れがちです。

ダイエットでご飯に気をつける場合、
PFC比率を目安にご飯を摂ることが
理想的な食事となるのです。

ダイエットでは
体操を行うためタンパク質の比率をやや重視して
ご飯することが効果的となります。

まだ新しい技術となっているレーシック

まだ新しい技術となっているレーシック

★メニュー

レーシックはどのような手順で行われるのか
まだ新しい技術となっているレーシック
裸眼で快適に生活することの出来るのがレーシック
レーシックも手術なので絶対に成功するとは限らない
何よりもレーシッククリニックのサポート体制に注目
過去のレーシック治療の実績数は確認
クリニックの数ある割引制度を利用してレーシック
レーシックの安全性は他の手術と比較して高い
日帰りで治療をすることが出来るレーシック手術
事前にレーシックで使用可能な給付金を確認しておきましょう


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)あなたの目が回復するレーシック手術