裸眼で快適に生活することの出来るのがレーシック


裸眼で快適に生活することの出来るのがレーシックブログ:06 9 17


妻がPTAの副会長をしていた頃には、
おいらは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでおいらが会長になったとき、
妻が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の6時、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のおいらなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

子どもの頃、両親に内緒で危ない冒険をしたとき、
両親には筒抜けであった経験があります。

両親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて両親のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域の子どもにとっては知らないよその大人でも、
大人の方は子どもを知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今の子どもたちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
両親のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
両親たちが子どもたちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。

藤丸敏、今すぐアクセス
http://sokkuri.net/alike/%E8%97%A4%E4%B8%B8%E6%95%8F/%E8%B5%A4%E4%BA%95%E8%8B%B1%E5%92%8C

藤丸敏ナビ
http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A40007001001

七騎の会の案内
http://xn--u9j630g7xa460t.net/