日帰りで治療をすることが出来るレーシック手術

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。

 

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。



日帰りで治療をすることが出来るレーシック手術ブログ:07 3 21

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
ダイエットにはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

娘の頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
ダイエットに向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ライスよりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいもダイエットの方法は、
24時間三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、24時間一食だけ、
ライスや菓子パンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
ダイエットには良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、ダイエット効果が期待できますよ。

日々一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
スナック菓子の代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

スナック菓子やショートケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でもウエストが満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!