日帰りで治療をすることが出来るレーシック手術

レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。

 

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。
レーシックによって視力を取り戻した人の多くが「世界観が変わった」などの喜びの声をいただいています。
視力が回復することで生まれ変わったというイメージを持つ人も多く、まさに夢が現実になると言っても過言ではありません。 手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。



日帰りで治療をすることが出来るレーシック手術ブログ:25 1 21

こんちわっすー

俺たちの体質は、いつもどこかに力が入っている状態です。
立つにも座るにも、
体質を支えるために、どこかに力が入っていたり負担がかかっています。

人間の体質を建物に例えるとわかりやすいかもしれません。
高層ビルの上の方の階は、風が吹いたり地震などがくると、
かなり激しく揺れますよね。

それは建物をつくるときに、
ハンドルなどと同じように「遊び」の部分を作っているからです。
もし、その「遊び」の部分がなく、
きっちり寸分の狂いもなく建てられていたとすれば、
その建物は激しい衝撃があったときに、
ポキっと折れてしまうことになります。

俺たちの体質も同じです。
人間の体質は206本の骨とそれらをつなぐ関節、
そしてその周りを筋肉や脂肪、皮膚などが覆っているわけですが、
それらが固まった状態でいればどうなるでしょう?

体質はいつも緊張状態にあることになり、
動こうとしてもロボットのような動きになってしまいますよね。
それを解決するためには、
意識的に体質をゆるめることができるようになればいいわけです。
そこで開発されたのが「ゆる体操」です。

ゆる体操は、
体質をゆすることによって、心身をゆるめリラックスさせる体操。
年齢や場所を選ばずにできる「ゆる体操」を行うことで、
緊張した状態の体質や筋肉をゆるめ、
健康を維持することができるということで、
高齢者の多い地域や生活習慣病の予防目的で用いられている体操です。

呼吸に使っている筋肉をゆるめることで、
深い呼吸ができるようになり、
酸素を体質の中に取り込みやすくなりますし、

緊張がとれることで副交感神経の働きが活発になり、
体質や筋肉だけでなく、
精神的にもリラックス状態を手に入れることができるなど、
減量効果も期待できそうですね!

明日はいい日かな〜